• ホーム
  • 動物性食品による髪への影響

動物性食品による髪への影響

2019年09月06日
髪に落ち込んでいる男性

男性型脱毛症、AGAの悩みを改善したいと考えたら、日頃の食生活を見直してみる事が大切です。
AGAの改善を考えた場合、わかめ等の海藻を食べれば良いと考える人は少なくありません。
ですが、髪の毛を増やしたいと考えたら、髪の毛を作る為に必要な成分、たんぱく質やアミノ酸の摂取も必要となります。
ただ、この際に注意しておきたいのが、脂質の多い動物性食品の摂り過ぎに注意をする事です。
脂質を多く摂取すると、皮脂を分泌する皮脂腺を肥大化させ、今まで以上に皮脂を分泌させる原因となってしまいます。
過剰分泌となった皮脂は、毛穴に詰まりやすい状態となります。
皮脂が増え、詰まりやすい状態となると、その周辺で常在菌が繁殖しやすくなり、それにより毛根が影響を受け、毛が抜けやすい状態となってしまいます。
更に、脂質が多い肉中心の食生活をしていると、血液がドロドロになりやすく、それにより血流の悪い状態へと変わっていきます。
血流が悪くなると、頭皮までしっかりと栄養素を送る事が出来ず、それにより、毛がしっかりと育たない状態へと変わっていきます。
ですから、良い髪の状態を維持したいと考えたら、まずは和食中心の食生活を意識するようにしていく事が大切です。
それにより、動物性食品に含まれた脂質の過剰摂取を防ぎ、髪の毛や頭皮に良い状態を作っていく事が出来ます。
頭皮の皮脂の過剰分泌、ストレスによって男性ホルモンが過剰分泌される事でも起きる事になります。
その為に、ストレスを軽減させる事も大切と言われますが、食生活が原因で過剰分泌に繋がる事も多く、AGA改善を考えたら、ストレスと同時に食事の脂質も減らすという事が大切になってきます。
それにより、髪が抜けにくく育ちやすい状態を作る事が出来ます。

関連記事
プロペシアは何故育毛効果があるのか?

世の中の多くの男性を悩ませている問題の一つとして脱毛症を挙げることができます。脱毛症による薄毛や抜け毛は見た目にも大きな影響を及ぼしますし、そこからさらに心理的なストレスが生じてしまい、心と体のバランスを崩してしまう可能性があるので、できるだけ早い段階での対処が重要となります。脱毛症は病気の一種であ

2019年04月30日
AGAと食事バランス 2019年07月16日

AGAと食事バランス

AGA、つまり男性型脱毛症と、食事のバランスには実は深い関係性があります。と、言いますよりも、むしろ体のことはすべて食を基本としていますので、当然密接な関係があるのです。抜け毛、薄毛の原因には、高脂質の食事などを普段から多くとっているとなりやすいということが言われています。海藻類などのミネラルを多く

2019年07月16日
栄養バランスが崩れると薄毛になりやすい?

髪の毛に必要とされる栄養素というのは、タンパク質を初め、ビタミンや亜鉛だと言います。髪の毛の育毛に効果がある、抜け毛防止に効果が有る食事というものがありますが、食事でこれらの栄養素を補給する事は難しく、健康食品などを併用する事で髪の毛の抜け毛防止や育毛効果を高めてくれると言います。因みに、男性型脱毛

2019年06月26日